社団法人 大阪市防火管理協会
HOME





防炎規制

 建築物内等で着火物となりやすい各種の物品を燃えにくいものにしておき、出火を防止すると同時に火災初期における延焼拡大を抑制することは、火災予防上特に有効です。このことから、消防法により、高層建築物、地下街等構造及び形態上防火に特に留意する必要のある防火対象物や、劇場、キャバレー、旅館、病院等不特定多数の者やいわゆる災害時要援護者が利用する防火対象物(防炎防火対象物)において使用するカーテン、舞台幕(どん帳)、展示用合板、じゅうたん等の物品、工事現場に掛けられている工事用シートは、「防炎物品」の使用を義務づけられており、それらには「防炎」の表示をつけることになっています。


詳しくは「公益財団法人日本防炎協会」のホームページにてご確認ください。

 ←clickしてください




Copyright(c)  一般社団法人大阪市防火管理協会 All Rights Reserved.